日本銀行論 金融政策の本質とは何か

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,080
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

日本銀行論 金融政策の本質とは何か

  • 著者名:相沢幸悦【著】
  • 価格 ¥822(本体¥762)
  • 特価 ¥575(本体¥533)
  • NHK出版(2014/06発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「大胆な金融緩和」は何をもたらすのか?
中央銀行の意義を明快に説く!
中央銀行の本来の使命とは何か。1929年恐慌から平成のバブル崩壊、リーマンショックまでの流れをたどり、金融政策の本質がインフレやバブルを未然に防ぐこと、つまりは物価の安定であることを説く。政府の主張への迎合は本来の使命からの逸脱であることを明らかにし、インフレ目標政策の是非を論じる。安倍内閣と日銀が進める経済政策の本質を、歴史をふまえ明確かつ緻密に提示する力作。

[目次]
第1章 デフレは日銀の責任なのか
第2章 現在にいたる日本経済と日銀の歩み
第3章 なぜ中央銀行の独立性が重要か
第4章 表舞台に登場した欧米の中央銀行
第5章 これからの経済と金融政策のあり方

目次

第1章 デフレは日銀の責任なのか(「三本の矢」の機能 デフレとインフレとはそもそも何か ほか)
第2章 現在にいたる日本経済と日銀の歩み(悲願だった政治からの独立性確保 「包括緩和」に踏み込んだ日銀 ほか)
第3章 なぜ中央銀行の独立性が重要か(金本位制から管理通貨制への移行 インフレ・ファイターとしてのドイツ連銀 ほか)
第4章 表舞台に登場した欧米の中央銀行(景気高揚と雇用確保で前面に出る米中銀 欧州債務危機対応でフル出動のECB)
第5章 これからの経済と金融政策のあり方(アベノミクスのゆくえ 日本経済のあり方 ほか)