メディアワークス文庫<br> 心理コンサルタント才希と悪の恋愛心理術

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

メディアワークス文庫
心理コンサルタント才希と悪の恋愛心理術

  • 著者名:似鳥航一【著者】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • KADOKAWA(2015/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784048916745

ファイル: /

内容説明

大学で心理学を学ぶ春川梓は、とある心理カウンセラーと出会う。工藤才希──人並み外れた美貌に、食えない性格。ひと癖もふた癖もある青年だが、その心理学の知識には目をみはるものがあった。 この不思議な青年に惹きつけられた梓は、なんとなく助手の座に収まることに。 才希は気まぐれのように人を救う。その方法とは心理学を応用した驚くようなものばかり。 だが、願いは叶えられても、必ずしも望んだ結末とは限らない。才希が謳う「悪の恋愛心理術」とは? 心の迷宮を覗きたければ、彼を訪ねてみるといい。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

21
さくさくと♪面白い(^O^)が、才希さんと絶対城先輩がかぶる(>_<)2015/06/10

ううち

19
才希さんのキャラがまだいまいちつかめないのですが、身近な所に関連している心理学って面白い。ヒロインの梓ちゃんが素直で正義感あふれるがゆえ、突っ走り気味でハラハラ。才希さんの過去も少しわかってきたし、次巻はどうなるのか楽しみ。2015/04/29

雑食奈津子

16
前巻よりも梓の思考が幼くなったというか、警戒心が皆無過ぎる。上京したての女なら分かる、身に迫る危険にずいぶんと鈍感な子です。そうとでもしないと進まないのは話の構成上わかりますが、それにしてもねえ。今回は基本的に怪奇要素がゼロで、しかし不穏な影はどこかうっすら残っているような気がするので、次も読みすすめます。2017/02/10

タオ子

12
前作読んでないから不安だったけど、これ一冊で十分わかる。 心理学って面白いなって思える本。2015/03/17

assam2005

9
2巻目だとは知らずに読んでしまいました。あとがきにも「2巻だけ読んでも理解できる」とあって、問題ありませんでした。和菓子屋とはまたカラーが全然違う話。心理カウンセラーの話なので、人の思考を読み取り、複数の展開を見据えて、あらゆる事態に対応可能な布石を打つ。また、人がどうやって騙されていくのかも垣間見れました。人の心を掴む方法もわかったのですが、人の心よりもまず自分の心をコントロールできないと失敗すると言うことも。心理誘導の怖さがわかりました。和菓子屋よりも面白かった!2015/10/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6749716

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。