メディアワークス文庫<br> 心理コンサルタント才希と心の迷宮

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

メディアワークス文庫
心理コンサルタント才希と心の迷宮

  • 著者名:似鳥航一【著者】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • KADOKAWA(2015/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784048911252

ファイル: /

内容説明

心理学を学ぶため、大学に進学した春川梓。勉学の一助になると母の勧めで会った青年は、看板とはかけ離れたもぐりのカウンセラーだった。 その美貌と軽薄な言動に詐欺師に近い匂いを感じ、最初は嫌悪する梓。だが、この青年はただものではなかった。心理学に精通し、それに基づいた彼の分析は非常に鋭い。さらに、ふてぶてしいぐらいに常道を覆す治療を見て、梓は心奪われることに。かくして、微妙に助手の位置に収まった梓は人の心の迷宮を目の当たりにしていくのだが──。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アズマ

37
他の話と全然雰囲気が違うので意外でした。後半はかなり歪んできて怖かったけど面白かったです。続きも出てるようなので読んでみます。2020/06/14

18
感想を読んで気になった作品。さくさくと♪才希さんより指麻呂さんイイなぁ(^o^)途中からぶっ飛んだ展開でしたが楽しめました。続編も読もうかな。2015/05/12

カナン

18
一話目で「お、タイトル通り?」と期待し、二話目で「あら、美形キャラ増やすのね…」とライトな印象になり、三話目からは「作者は何処に行きたいんだ」となる。才希のキャラクターが迷走しているというか、一人の器に美味しい要素をあれもこれもと突っ込もうと欲張り過ぎた結果、容姿が綺麗で口八丁なだけの中身すっからかんな男になってるのが勿体無い。ヒロインの梓もテンプレ過ぎて物足りない。心理学は吹っ飛びミステリー要素も吹っ飛び、オカルトでもなければファンタジーとも言えず、恋愛ものとして読むにも弱い。絵は綺麗。絵は。2013/05/18

あいai

16
心理コンサルタントなんて面白そうな職業と思って購入。最初は、普通の謎解きのようなのかと思ったら、犬がでてきて、連続殺人とか話が思ってないところにいっちゃったなぁ(^-^;才希と梓がいい感じになるというオチでいいけど、オカルト系?ファンタジー系?梓の能力は?この疑問を解くために続きあったら読むかな。2012/11/22

作楽

13
感想:あとがきに、心安らぐようなお話を書きたいと・・・と書いてありましたが、安らがない…。なんだか手に取った時点で騙されていたような(笑)やっぱり心を操作されるのは、負荷をかけられているのと同じだよね・・・と思いました。2015/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5571321

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。