朝日文庫<br> 原節子わたしを語る

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

朝日文庫
原節子わたしを語る

  • 著者名:貴田庄
  • 価格 ¥484(本体¥440)
  • 朝日新聞出版(2013/05発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

ベストセラー『原節子 あるがままに生きて』に続くシリーズ第二弾!「私はギャラが半分でもいいから、小津さんの作品に出演したい」「洋服でも靴でも食事でも、一軒に決めたらそこばかり」「きれいにとれなくってもいいからごく自然に、自分らしい写真が好きよ」――膨大な資料から選び抜いた伝説の女優のことばを、映画史的背景とともに紹介し、その真意をさぐる。小津監督と主演映画について、好きな映画、ファッション、愛読書と苦手なもの、家族、結婚、引退についても。飾らないけれど、知的でユーモラスな発言の数々から、「伝説の女優」の魅力的な素顔を明かす名エッセイ。

目次

第1章 わたしの私生活(母のこと 父親孝行 映画家族 ほか)
第2章 わたしの映画人生(芸名のいわれ 時代劇と和服 三度の外国旅行 ほか)
第3章 わたしの好き嫌い(スポーツが好き ダンス嫌い 映画主題歌 ほか)