普通のサラリーマンのためのグローバル転職ガイド

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

普通のサラリーマンのためのグローバル転職ガイド

  • 著者名:大石哲之【著】/森山たつを【著】
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • 東洋経済新報社(2013/05発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 360pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784492044940

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

・就活で失敗した人
・現状に不満な人
・もっと上に行きたい人

キャリアは自分でつくる!!

日本人メリットが生かせる仕事が多いのは、インドネシア、タイ、マレーシア
グローバルジョブが多いのは、欧米先進国、香港、シンガポール

海外で働く際の多様な選択肢とステップアップの道筋を示す。

日本語ジョブ:海外で日本人相手の業務だけを行う仕事
グローカルジョブ:日本人メリットを生かす、海外で日本人を相手にする仕事
グローバルジョブ:国籍関係なしに成果を求められる仕事

選択肢を増やすこと。
視点を広げること。
本書を通じて、一番伝えたいメッセージはこれです。
キャリアで悩んでいる多くの人にとって、アジアを中心とした海外就職は、
キャリアのチャンスを広げる、大きな可能性がある選択肢なのではないでしょうか。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

チェコ

4
普通の、とあるけれど、普通よりはエリート向けに書かれた本だと思う。けど現在の日本市場の状況を知ったり、視野を広げるにはいい本でした。2013/07/28

moleskine_note

3
またまた読んでみた。2016/09/17

みくじら

1
海外就職を狙う私にとって、今必要な本。2019/04/18

ゆき (Kou)

1
「グローバル」と思っていたのは「グローカル」だった。 つまり、現地で現地人や日本人を相手にしている以上は所詮ローカルな仕事だということ。凡人はグローカルからどうグローバルへ潜りこむかが大事だなあと思った。内容はちょっとフワッとしていて肝心の転職活動についてはガイドという程ではない。2016/05/13

ren-etsu

1
スーパーサラリーマンじゃない普通のサラリーマンのための転職ガイド。 すでに30を迎えている自分からするとなかなかに現実的な策ではないのかも。主に東南アジアが狙い目で、必要とされるスキルに日本式ビジネスマナーなどと書かれていると、リアルに選択肢の一つとしてありかもなぁと思いつつ。後半は自分でもできそうなとこを念入りに読んで、完全に実用書として見ていた。2014/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6653735

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。