ハーレクイン<br> 沈黙のシーク

個数:1
紙書籍版価格 ¥722
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
沈黙のシーク

  • ISBN:9784596222695

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

政略結婚が決まっていた隣国のシークが急死し、王女アンバーはその弟と結婚することになった。ところがすでに恋人のいた彼はそれを拒み、失踪してしまう。不名誉な噂はまたたく間に広まり、アンバーは打ちひしがれた。だから、兄弟の中で最も文武両道に長けているという3番目の弟ハールーンが結婚を受け入れたと聞いても、心が晴れることはなかった――実際に本人を目にするまでは。彼は兄弟の誰よりもハンサムで、たくましく、魅力的だったのだ。運命のいたずらに戸惑いながらも、アンバーは期待に胸を震わせる。だが婚礼の夜、彼女を待っていたのは想像もしない屈辱だった。■『星と砂とシーク』の関連作です。悲しい誤解によって仮面夫婦となってしまう2人。世継ぎを望む一派の陰謀に巻き込まれたとき、転機が訪れます。寡黙な夫の気持ちがわからず苦悩する妻アンバーの姿に共感必至です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

akiyuki_1717

1
題目通りのシーク物ですが、シークの役割をきちんとこなしているヒーローですが、序盤はヒロインに対してはチキン過ぎて、30歳近い大人が19歳の娘にする対応ではないと、読む気も失せ始めましたが、中盤盛り返してくれてホッとしました。しかし最後がまた自分勝手な行動に走ってしまう。ヒロインよく許せるなぁ~と感心しました。まぁこの物語の中ではヒロインが一番自分の立場や役割を理解し、行動している人物でした。離婚できる立場にないし、色んなことを総括してヒーローを許したんだろうけど、私だったら許せなかっただろうな。2015/02/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6610852

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。