角川書店単行本<br> 月の魔法

個数:1
紙書籍版価格
¥1,870
  • 電子書籍
  • Reader

角川書店単行本
月の魔法

  • 著者名:川上健一
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • KADOKAWA(2014/12発売)
  • ポイント 17pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041103739

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

小学五年生の昇治は一人で小笠原行きの船に乗った。父親が自殺し、母親に恋人ができたのだ。孤独を抱えた少年を待っていたのは、エーブという恰好いい老人だった。やがて暗い目をした少女・加絵と出会い……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆみねこ

66
小学校5年生になったばかりの昇治は、母に送り出されたった一人で小笠原行きのフェリーに乗る。昇治の寂しさ、切なさを見抜いてくれた島のエーブを始めとした優しい老人たち。ワケありそうな父と一緒に島に来ている加絵。美しい島の風景と海、夜の虹、この本を読むと小笠原に行ってみたくなりますね。2015/12/02

takaC

54
「加絵!」ちゃんとうまく行くといいね、昇治。俺も小笠原に行きたくなった。2014/03/08

七色一味

32
読破。1人、遥か1700キロ離れた小笠原諸島の父島に旅することになった少年の、少年ゆえの鋭いまでの感受性に揺らめく感情と、それを押し殺そうとする姿が滲み出た作品。不安と、目新しい環境への期待がある少年を、大自然のように優しく包みこむ島のおじさん達。年齢を越えた心の交流が、少年の心を優しく解きほぐして行く。カジキマグロとのくだりは冗長だけど、それも担ぐための伏線?(笑) ツンデレ系少女が、ちょっとムカッとくる感じ。2013/02/14

万葉語り

30
おがさわら丸や父島に行った時のことを思い出しながら読んだ。小学生の昇治が一人でおが丸に乗りあの島に行くのは孤独すぎると思いながら読み始めた。島でカフェを営むエーブや島民達の交流、同じ船で島に来た加絵とのふれあいの中で徐々に昇治がほぐれ、母が迎えにきた時「会いたかった」と言えるようになったのは、やはりあのつらい歴史を持ちながらも底抜けに明るい父島の空気がなせる技だと思った。いつか必ずもう一度行きたいと思っているあの島を再訪できた昇治がうらやましいと思う。月の魔法がかける虹も見てみたいと思った。2015/11/21

keith

29
一度は訪れてみたい小笠原。文字の間から風景が目に浮かびました。ただ物語としては主人公の少年を取り巻く大人たちが優しく、かつ、ものわかりがよすぎて、逆に白けてしまいました。2015/09/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6327722
  • ご注意事項