ハーレクイン<br> オニキスは誘惑の囁き

個数:1
紙書籍版価格 ¥984
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
オニキスは誘惑の囁き

  • ISBN:9784596915320

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

侯爵であるおじの厚意で社交界デビューの機会を得たイザベラは、平穏な結婚を望んでいた。情熱がもたらす身の破滅は、母の過ちと惨めな生活から痛いほど学んでいる。イザベラは代わりに、魅惑的な死神と令嬢の恋物語を小説に描いて満足していた。そんなある夜、舞踏会でふいにざわめきが静まり、完璧な装いのブラック伯爵が登場した。初めて見る悪名高き伯爵は謎めいた魅力にあふれ、危険そのもの。妖しい死神のような漆黒の髪と青い瞳の伯爵にイザベラが目を奪われていると、彼は群衆を割り、まっすぐ彼女のもとに向かってきた。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちゃろ

4
⭐⭐シリーズ第1弾。ゴシック調?ちょっと苦手。謎が解決せず次に持ち越すのも嫌だし、ヒロインの過去がよく分からず何でこんなふうに振る舞うのか理解できなかった。唯一良かったのは、ヒーローがヒロインを情熱的に口説くところかな。でもそんなに頑張るような魅力あるヒロインでもないし、全体的に靄がかかったような印象でスッキリしない。3弾まで本持ってるので、読まなくちゃだけど続けて読む勇気はない。2014/09/19

くろうさぎ

2
同胞守護者「プレズレン・ガーディアン」なるシリーズの第一話ですね。テンプル騎士団の遺物に纏わる話のようですね。ヒロインの書く「死神」の話もいいです!ヒーローの自分を忘れてしまうほどの傾きっぷりもいいです~~!!しかし、第一話という事で、謎が謎を呼んで、ルーシーやその父もこの先どうなるのか気になるので、次が楽しみです。2013/02/12

azu_mi19

2
MIRAデビューした「七夜の契り」を読んでいたので、同じ作風だったので苦もなく読了。ヒロインにターゲットロックオンした後のベタボレっぷりがこの作者らしいかな。メロメロという言葉が相応しい。でも内容は肝心の問題が解決しないので単独作品というよりは上巻呼ぶのが相応しい気がする。ヒストリカルに+オカルト+ファンタジーという不思議な設定。2013/01/16

HAL

1
微妙に表紙の女性の顔が怖い・・・。謎が解決してないので一応次も読むかなぁ。2013/11/08

サム

0
★★★ 小説部分 もとい妄想部分がまどろっこしく読み飛ばしての読了。2015/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6246680

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。