中経出版<br> 大人の「夫と妻」のつきあい方 夫婦はしょせん他人のはじまり

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

中経出版
大人の「夫と妻」のつきあい方 夫婦はしょせん他人のはじまり

  • 著者名:川北義則【著者】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • KADOKAWA(2012/12発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「夫婦はしょせん他人のはじまり」夫婦といえども所詮、他人です。すべてを理解し合おうというのは、そもそも無理な話。長年いい関係を続けている夫婦ほど、二人の間にほどよい距離感と、プライバシーが存在しているものです。いつも二人で家の中にいる関係は、必ず行き詰まります。一人で外で遊べる男になることが、実は夫婦円満の第一歩なのです。「遊び」ができる男ほど、妻にも愛される!結婚10年以上の夫婦のための、円満生活の秘訣とは!

目次

第1章 夫婦はしょせん「他人」である(うまくいく夫婦、いかない夫婦 お互いの「秘密」をどう保つか ほか)
第2章 妻という「女」とどうつきあうか(夫の支えなしに「良妻」にはなれない 何をもって良妻、悪妻なのか ほか)
第3章 遊んでこそ「艶」のある夫になれる(セックスエネルギーを枯渇させるな 一夫一婦制度は最良なのか ほか)
第4章 大人の夫婦が「別れ」を選ぶとき(夫婦に別れどきはあるか 要注意、口は災いのもと ほか)
第5章 これからの夫婦の「新しい形」(「人生二度結婚説」の時代が来るか 夫婦別会計はいいのか ほか)