小さな命と あっちとこっち (古道具ほんなら堂2)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

小さな命と あっちとこっち (古道具ほんなら堂2)

  • ISBN:9784620200323

ファイル: /

内容説明

訪れる人の願いを、
みたこともない品物で叶えてくれる不思議な古道具屋さん「ほんなら堂」。

命をテーマに綴られる珠玉の四編。
人気シリーズ第2弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

51
古道具ほんなら堂2冊目。命をテーマにした4つの短篇。作者の楠さんが友人の死をきっかけにこの本が生まれた。見た目はちょっと怖そうな主人公のおばあさんの燈花さん。でもそっと関わって手を差し伸べてくれる。死に触れる事で命について改めて考えさせられた。2021/01/11

BlueBerry

36
1の方が面白かったですね。命の事に拘りすぎて内容としては広がりに欠いた感じでした。2013/11/07

深青

21
ほんなら堂2作目。テーマが「生」と「死」とあって、全体的にちょっぴり重めのお話達になってます。だけど、良かった。子供達に是非とも読んでもらいたいなぁ…。今回の中では「鬼のこづち」が印象的だった。生き辛さを感じる時もあるけだろうけど、誰かが側に寄り添って手を差しのべてくれてると思うと、頑張ろう!ってまた歩き出せると思う。大切な人に手を差し伸べられる人になりたいものだ。2015/07/18

美月0217

15
古道具ほんなら堂シリーズ。今度は命にまつわるお話です。古道具ほんなら堂に出ていた人も出てきます。(橙花さん以外にも)どのお話もちょっとうるっときます。私たち大人にも良いですが子供たちに読んでもらいたいお話でした。2014/02/11

ぶんこ

11
健康不安を抱えている身には辛い本でした。 しかも子供が主人公だと、より辛くてダメでした。 一度は読むのをやめましたが、最後まで読み切りました。2014/02/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5568837

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす