古典力

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader

古典力

  • 著者名:斎藤孝
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 岩波書店(2012/12発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784004313892

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

月讀命

100
今書店に多く並んでいる本のうち、50年後にも店頭に並んでいる本は何冊存在するであろうか。100年後には果たしてどうだろうか。(100年先には紙の本という媒体が無くなって、電子書籍を超える得体の知れないものにとって変わられているだろうが・・)人類の先輩達が書きしるし、篩にかけられ、淘汰され残ったものが古典である。古典は時間と空間を超えて存在するものである。ドストエフスキーや紫式部、デカルト、漱石は未来に於いても永久不滅であろう。今流行の宮部みゆきや東野圭吾、三浦氏しをんが淘汰されるか否かが問われるところだ。2013/09/17

mitei

83
あまり古典を読まない私にはかなり興味深く読めた。2012/11/18

><

53
初版2012年。大好きな齋藤さんの新書。今回は古典について教わりました。古典って、中学・高校で習った「源氏物語」などを指していると思っていましたが、「赤毛のアン」や「カラマーゾフの兄弟」なども、この本の中では古典として取り扱われていました。学生時代以降、久しぶりの古典だったので、後半に書かれていた、齋藤さんオススメの古典とその書評は、ちんぷんかんぷんで終わってしまい、存分に楽しめなかったのが心残り。でも、これから少しずつ読んでいこうと思います。2015/02/17

しゅてふぁん

49
古典を自分の血肉とする、なんて素敵なことだろう。古事記や聖書、ギリシア神話など読んでみたい古典はたくさんあるけれど、それらを読むための精神力と集中力が乏しくて…(;^_^A でもせっかく古典を読むことが習慣になってきたのだから‘古典力’とやらを鍛えて‘マイ古典’を増やしてみよう。2018/10/21

AKIKO-WILL

46
2013年最後にこの本を読みました。古典は、聞くだけで難しいと思いがちですが、学生時代に教科書で少し習っただけで自ら読もうと思わなかったのですが、社会人になりやっと最近、読書を楽しめるようになり古典についても興味持てるようになりました!著者が厳選した50冊の中で読んだ事があるのは、福沢諭吉の学問のすすめだけ…来年は、是非著者がオススメな49冊を読んで行きたいと思います。インターネットの発達により検索すればあらゆる情報が手にはいるけど、自らの精神の核を形成することにはなりにくい。精神の核を形成するには古典と2013/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5492598

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。