分散型エネルギー入門 電力の地産地消と再生可能エネルギーの活用

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,144
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

分散型エネルギー入門 電力の地産地消と再生可能エネルギーの活用

  • 著者名:伊藤義康
  • 価格 ¥1,144(本体¥1,060)
  • 特価 ¥801(本体¥742)
  • 講談社(2014/04発売)
  • 桜開花宣言!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~3/24)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

再生可能エネルギーの利用で立ち遅れてきた日本だが、ようやく活用への機運が高まりつつある。本書では、水力、風力、太陽光、地熱などにくわえ、潮力、波力、海洋温度差や熱電、圧電、燃料電池など、新しいエネルギー技術の最前線を紹介。大容量集中型発電と自然エネルギーなどを組み合わせたエネルギーの分散化とベストミックスの基礎知識。(ブルーバックス・2012年5月刊)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

目次

分散型エネルギーとは何か
水力発電システム
風力発電システム
エンジン発電システム/コージェネレーション
地熱発電システム
太陽熱発電システム
海洋エネルギー発電システム
太陽光発電システム
熱電発電システム
圧電発電システム
燃料電池システム
太陽光熱利用システム
エネルギー貯蔵システム
スマートグリッドと分散型エネルギー
分散型エネルギーの将来