おひとりさまが死ぬまで自立して生きるための本 成年後見人がいれば大丈夫

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • Reader

おひとりさまが死ぬまで自立して生きるための本 成年後見人がいれば大丈夫

  • 著者名:榊原秀剛【著】
  • 価格 ¥810(本体¥750)
  • パブラボ(2012/03発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

私は「成年後見人」である。(中略)本書では、11年にわたる成年後見人としての経験から、おひとりさまの老後に対して、いくつかの処方箋を提示した。(中略)人間、息を引き取るまで、好むと好まざるとにかかわらず、いろいろな事柄が心を悩ませる。まさしく苦の連続とも言える。しかしながら、こうなってしまった現実を嘆いてばかりいても仕方ない。正面から捉えて対応することで、少しは心を軽くすることができるのだ。(中略)そして、これは私にとっても決して他人事ではなく、正真正銘、由緒正しきおひとりさまである私が、少しでも心穏やかに最後まで行きぬくための方策でもあるのだ。(まえがきより)

目次

1 私は成年後見人―「成年後見制度」とは何か
2 高齢になって、どこに住むか―法定後見の体験より
3 孤独・入院・死後の始末―おひとりさまの困りごとをどうするか
4 前もって準備しておくのが「任意後見制度」
5 後見人として出会った方々、学んだあれこれ
6 成年後見人を誰に頼むのか―私ならこうする
7 「成年後見制度」のこれから―将来お世話になる私の理想