MF文庫J<br> ツノありっ! 4

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

MF文庫J
ツノありっ! 4

  • 著者名:阿智太郎
  • 価格 ¥638(本体¥580)
  • KADOKAWA(2013/03発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784840143660
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

すっかり鬼の風紀委員長・風香先輩の“下僕”としての人生が板についてしまった武蔵野日高。同じ風紀委員の真夕や京子にどつかれながらもなんとか毎日を乗り切っていた。しかし今回の風香先輩の日高への指令は……命をかけた鬼カルタに参加し、勝利すること! 風香と彼女の天敵・藍奈の真剣勝負に巻き込まれてしまう日高は……? 
風香と日高の関係に焦れた風香の母親が、二人のお泊りをアレンジ! 座敷に並んだ一組の布団を前にして、日高は決断を迫られる……のか!? そして明らかになる鬼の末裔に関する真実が、二人の仲を引き裂こうとする

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シュエパイ

5
鬼と、その他諸々に好かれる少年のコメディ、気がつけば閉幕!で、なぜカルタ大会(笑)あぁ、いつものこの方らしい、安心感のあるエンディングだ♪どこの勢力の手に落ちるか、未来は君の手の中♪って感じだねぇ。2012/01/30

KUWAGATA

4
完結。もうちょっと続きを読みたかったです。ヒロインが鬼娘なるものの、展開は王道ラブコメ。一昔前の少年漫画風という阿智さんの色合いながらも、MFらしい萌えもうまく織り込んであって、そこはさすがのベテラン作家という感じでした。ヒロインズはみな個性的で魅力的で、個人的にはちょい黒の真夕がお気に入りでしたが、やはり王道ヒロインの風香の魅力は別格だったかと思います。2014/01/09

わちゅ。

1
見事ないちゃコメやなww 結局みとめられてこれからも戦いは続くぜみたいな、ジャンプの最終話みないww2012/07/09

無銘

1
鬼と下僕のラブコメ、4巻目にて完結。予想外に短いシリーズだったのはやや残念。一つの危機を乗り越え、それぞれの関係は色々と変わり、それでも変わらず続くドタバタな日常という実に作者らしいエンドは良い。個人的には愉快犯的野次馬な真夕や、空回りとツンデレと報われなさが素敵だった尾道のサブキャラ2名が実に輝いていて大好きでした。2012/06/13

ちいたけ

0
完結。日高の将来が気になる~~。2013/06/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4556726

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数4件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす