資本主義はどこへ向かうのか 内部化する市場と自由投資主義

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,080
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

資本主義はどこへ向かうのか 内部化する市場と自由投資主義

  • 著者名:西部忠【著】
  • 価格 ¥720(本体¥667)
  • 特価 ¥503(本体¥466)
  • NHK出版(2014/04発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

万人が投資家になる時代に、
幸福はあるか。

1990年代以降進んだ資本主義の徹底化=グローバリゼーションとは、私たちのあらゆる行動を「消費」へ、そして最終的には費用対効果に基づいた「投資」へと変えていく現象である――。グローバリゼーションは、私たちの行動とメンタリティをどう変えてしまったのか。市場と貨幣の綿密な考察から資本主義の原理を解明、そこから新たな展望を構想する一書。

目次

第1章 グローバリゼーションと市場の内包的深化(心の豊かさと物の豊かさ コミュニティの衰退とグローバリゼーション ほか)
第2章 社会主義はなぜ不可能なのか、資本主義はなぜ強いのか(資本主義をいかなるものとしてとらえるか 市場社会主義論と一般均衡理論 ほか)
第3章 貨幣と自律分散型市場(貨幣をとらえなおす 貨幣とは何か ほか)
第4章 市場の内部化と資本主義経済の進化(経済理論はどう評価されるか 三つの経済調整方法 ほか)
第5章 コミュニケーション・メディアとしての貨幣(貨幣の本質 貨幣の未来 ほか)