上司は“だまして”使え!

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

上司は“だまして”使え!

  • 著者名:諒純也
  • 価格 ¥1,078(本体¥980)
  • CCCメディアハウス(2011/01発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

会社でやりたいことをやるための新テクニック、それは上司を「だます」こと。上司の愚痴は、サラリーマンの十八番です。しかし、どんなに嫌いでも、どんなに苦手でも、どんなに頼りなくても、どんなに使えなくても……、会社で自分のやりたいことをやるためには、敵(=上司)のGOサインが不可欠なのです。やる気に満ちあふれる若手ビジネスパーソンたちよ、「上司」という不可解きわまりない生き物を知り、巧みにだまし、うまく使って、いまこそ思いを実現しよう! 奴らに「OK!」と言わせる、とっておきの「上司操縦法」を伝授します。

目次

PROLOGUE なぜ、上司を「だまさなければいけない」のか?(「サラリーマン」から「ビジネスパーソン」へ)
1 上司とは「どんな生き物」なのか?(上司はどんな目線で部下を見ているか?;「上司」と「部下」互いの評価に満点はない ほか)
2 やりたいことのために「上司をだまそう」!(はじめに気をつけること;上司との関係別「だまし方戦略」 ほか)
3 区切りがついたら「上司を使おう」!(あなたにとって上司は「戦力」の一部;カードの切り方を間違えないよう注意 ほか)
4 あなたが「本当にやりたいこと」は何ですか?(「上司をだます」その中身が重要です!;主語を「I(アイ)」にして考えてみよう ほか)