MF文庫J<br> 竜王女は天に舞う White Cage 3

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

MF文庫J
竜王女は天に舞う White Cage 3

  • 著者名:北元あきの
  • 価格 ¥638(本体¥580)
  • KADOKAWA(2013/03発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784840134217
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

交流戦から積極的になったシャルロッテは、前よりもきわどく迫ってシグを困らせる。ミスコンで獲得した温泉旅行も「二人きりで!」と言うが、行き先の第四帝国の『棺』を求めてルノアも行く気満々だし、リラも行くといってきかない。そんな折、シグたちに新しい任務が舞い込んだ。かの傭兵・ウーフーを追って第四帝国に向かうその仕事に、ルノアとリラもメンバーとして挑むことになる。めざすは数多の冒険者たちを飲み込んできた魔城、〈白鳥城〉。混浴ありコスプレ(?)ありの三つ巴恋愛戦争と、竜王女たちの〈ヴァルハラ舞踏会〉が綾なす蒼天ファンタジー、激闘の第三弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みどり

4
やっとパートナーらしくなってきたおかげで、ラブとコメの要素がより強くなってしまった不思議な逆転現象。折り返し地点。2018/02/21

彩雲

4
冒険とロマンス、どちらも今までで一番楽しめました。バトルは、各人の戦い方が単調な為ずっといまいちでしたが、今回の火竜山の死闘のような集団戦だと以外に面白い。ロマンス方面の3人娘が奮戦。中でも主人公らしさを見せたシグを目にしたルノアの陥落が素晴らしい。長期シリーズになって欲しいものです。2010/07/06

Ask_KY

3
デレおったで……! やっぱツンデレがデレると破壊力が半端ないね! 戦闘回だったけど思いっきり霞んだわ! というわけで三巻目。いろいろ伏線撒いたり回収したりと忙しかったけど、要約すると久々のメンヒロ回でした、ってことで。ヒロインズはかわいいし、戦闘は熱いし、個人的に言うこと無しの面白さ。ラストでなんだか規模がでかくなってきたので、次からも大いに期待ですね。それはそうと、るろおェ……。なぜ近衛絵じゃないんだ!2010/07/05

Ken

2
ルノアメイン回。シグを認めだしたルノアがリラ、ロッテの争いに参戦。 ヒロインズがデレてきたからラブコメ分が多目に。 2012/04/08

空間製作者

2
リラさんつよい、ハンパない2011/01/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/602707

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。