何とかなるさ! - ママは宇宙へ行ってきます

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

何とかなるさ! - ママは宇宙へ行ってきます

  • 著者名:山崎直子
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • サンマーク出版(2010/02発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

2010年春スペースシャトル「ディスカバリー号」で宇宙へ飛び立った女性宇宙飛行士、山崎直子さん。

たいへんな数の応募者の中から選ばれ、宇宙飛行士候補となってから11年がたちました。

妻であり母でありながら訓練や激務をこなす山崎さんの一番の強みは、

大変なことがあっても「何とかなるさ!」と思えてしまう楽観性にあるのかもしれません。

そんな山崎さんはどのようにして宇宙飛行士になったのか、

家事や子育てはどうしているのか、ご主人や娘さんとはどのように過ごしているのかなど、

気になることがすべてこの一冊に書かれています。





*目次より



星の夜空――素朴な「好き」という気持ちを大事にする

宇宙は「ふるさと」のようなところ――目の前にあることを一生懸命やる

雑草のなかに咲く花――がんばることは楽しいこと

桃太郎より浦島太郎――予測できないことも楽しむ

夫の病と一篇の詩――ひとつひとつ、やれることをやろう

ヤマアラシのジレンマ――自立した家族をめざす

介護と宇宙生活――たくさんの人に支えられていることを忘れない

大きくなったら何になりたい?――自分の進んだ道を、精一杯歩こう

目次

何とかなるさ!―「まえがき」にかえて
星の夜空―素朴な「好き」という気持ちを大事にする
宇宙は「ふるさと」のようなところ―目の前にあることを一生懸命やる
雑草のなかに咲く花―がんばることは楽しいこと
両親のこと―両親がくれた「安心感」という贈り物
留学―「伝えたいこと」をもっていることが大事
桃太郎より浦島太郎―予測できないことも楽しむ
訓練スタート―いまできることを一生懸命やろう
結婚―「遊び心」をもとう
妊娠―状況は後からついてくる〔ほか〕