アスキー新書<br> 破壊者の流儀 - 不確かな社会を生き抜く“したたかさ”を学ぶ

個数:1
紙書籍版価格 ¥817
  • Kinoppy
  • Reader

アスキー新書
破壊者の流儀 - 不確かな社会を生き抜く“したたかさ”を学ぶ


ファイル: /

内容説明

混迷続く現代社会に必要な”立ち位置力”とは? 政治も経済も転換期の今、生き抜く為には人を動かす“したたか”なメッセージ戦略が必要だ。リーダーに必要なチカラは何か。それは人の意識を囲い込み、共感を促し、行動を誘う、という「人を動かす」ためのメッセージ発信、さらにはコミュニケーション戦略にある。人を動かす名人―小泉純一郎、孫正義そして織田信長という破壊者たちを通して、不確かな現代社会を生き抜くためのリーダーのチカラを探る。

目次

第1章 席入り―空気を読む(破壊者たちの茶席;信長の才智、その本質とは;非日常への誘い;破壊する覚悟;破壊者が胸に秘める鴻鵠の志;侘び数寄の茶;雑念を払う冷水の感触)
第2章 初座―空気をつくる(茶室という密室空間へ;「茶の湯」が参加者の心を操作する;作法の実践で心は信長の時代へ)
第3章 後座―空気を形にする(今日この席の意味を語る;信長時代を物語る古式の作法;信長直筆の掛軸が“登場”;信長の新しさ;比叡山焼き討ちは経済戦争であった;「アメリカを舐めるなよ!」と怒鳴った本田宗一郎;郵政解散は「公憤」だった;信長の覚悟を認めた千利休の美意識)