微差力

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • Reader

微差力

  • 著者名:斎藤一人
  • 価格 ¥586(本体¥543)
  • サンマーク出版(2009/11発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

著作第1弾『変な人の書いた成功法則』がいきなりベストセラーとなった「銀座まるかん」の創設者・斎藤一人さん。

以来、何冊もの著書を発表していますが、いま、いちばん伝えたいことを渾身の力で書き下ろしてくださったのが、本書『微差力』。

“微差力とは、何だろう? ひと言では説明がつかないのですが、ただ、私はこの本を作っている最中から、楽しくて、楽しくてしかたがありませんでした。「しあわせも、富も、こんな少しの努力で手に入るんだ!」と、みんなが気づいて、どんどん、どんどん、豊かになっていくかと思うと、私はもう、うれしくて、ワクワクするのを止められなかったのです”

“商売でもなんでも、人生、微差の積み重ねです。しあわせになるのも、笑顔だったり、天国言葉だったり、ね。しあわせに見えるような服装だったり、それの微差の連続なんです。その微差一個でグン、微差一個でグンって、あがるのです。ここが、おもしろいところで、やり得なんです。普通の人は、うんと努力して、ごほうびはちょっとです。だけど、本物は違います。本物は、微差の努力で、大差もらえるんです”(本書より)



たくさんの気づきが、この1冊にギュッと詰まっています!

目次

私は、自分のことを「一人さん」と呼びます(「地球は今日も回ってる」 立派はつらいよ ほか)
そのままで、いいんだよ(不思議と感謝と、人の努力と 科学を分析すると、普通に成功。神のひらめきを分析すると、奇跡的成功 ほか)
微差って、スゴイ!(この世は、すべて「微差が大差」 大差ねらっても、大差つかない ほか)
一人さんが教えた精神論(成功は「人生は芝居だ」から始まる 会社の生命線、ココが分かれ目 ほか)
人生って、楽しいね(人生は、趣味でも、仕事でも、家族でも、大切なものを見つける旅 原石を磨いて宝石にする ほか)