自宅は会社に買ってもらえ!―社長が会社を使って資産を残す方法

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

自宅は会社に買ってもらえ!―社長が会社を使って資産を残す方法

  • 著者名:本田浩子【著】
  • 価格 ¥1,408(本体¥1,280)
  • 東洋経済新報社(2013/07発売)
  • 新生活応援!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン!(~3/29)
  • ポイント 360pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

ストーリー仕立てで学べる、小さな会社の節税テクニックの本。「おカネは個人 モノは会社」の法則に従えば、たいした利益の出ない会社でも事務所用マンション位の資産は残せます!
【主な内容】
1章 まずは個人事業から始めよう/2章 さぁ会社設立にトライしよう/3章 会社をうまく使って資産を作ろう/4章 会社の使い方 こんなときどうするQ&A

目次

1章 まずは個人事業から始めよう(脱サラしてすぐに社長はダメ。まずは、個人事業から始めよう 個人事業は『青色申告』をして節税につなげよう ほか)
2章 さぁ会社設立にトライしよう(いよいよ「会社設立」にトライしよう ここがこんなに違う!個人事業と会社の徹底比較 ほか)
3章 会社をうまく使って資産を作ろう(会社をうまく使うために、まずはルール作りから始めよう 会社に生命保険をかけてもらう ほか)
4章 会社の使い方 こんなときどうするQ&A(定年退職後、自分の会社を作る際の注意点は? 会社を作るとき、「現物出資」したいのですが? ほか)