学研新書<br> 平城京 全史解読 正史・続日本紀が語る意外な史実

個数:1
紙書籍版価格 ¥836
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

学研新書
平城京 全史解読 正史・続日本紀が語る意外な史実

  • 著者名:大角修【著】
  • 価格 ¥752(本体¥684)
  • 特価 ¥376(本体¥342)
  • 学研(2011/12発売)
  • ポイント 3pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

日本書紀に続く第二の正史・続日本紀とは、どのような書物なのか? 意外に知られていない続日本紀のさまざまな謎と問題点、そして、中央集権国家の成立、大仏開眼、鑑真来日、長屋王の叛乱、道鏡事件など、黎明期日本における大事件の記述を今、総検証する!

目次

大君は神にし坐せば―『日本書紀』から『続日本紀』へ
文武天皇即位―『続日本紀』の開幕
大宝律令と養老律令―国家の法典をめぐる動き
平城京遷都―奈良の都のはじまり
女帝二代―元明・元正天皇のころ
仏と神の都―平城京の寺々と神社
遣唐使と新羅・渤海―奈良時代の外交
長屋王の改革―百万町歩開墾計画と三世一身法
聖武天皇即位
長屋王の変―皇族勢力と藤原氏の争い
藤原広嗣の乱―橘諸兄の権勢拡大
皇都のさまよい―聖武天皇の遷都
大仏開眼―鎮守国家の熱狂
鑑真来日―尼僧急増の背景
橘奈良麻呂の変―天下太平のまぼろし
恵美押勝の乱―淳仁廃帝と孝謙天皇の重祚
道鏡事件―皇位を奪おうとした僧
光仁老帝―天智系皇統の復活
桓武天皇の改革と遷都―奈良時代の終焉