文春文庫<br> 三年身篭る

個数:1
紙書籍版価格
¥649
  • 電子書籍
  • Reader

文春文庫
三年身篭る

  • 著者名:唯野未歩子
  • 価格 ¥641(本体¥583)
  • 文藝春秋(2012/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167762018
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

冬子は29歳の妊婦。なぜか十月十日を過ぎても生まれる気配はまったく、ない。1年目、2年目と順調に膨らみ続けたお腹は、まるで小山のよう。夫は「元カレに宇宙人とかいないよね?」と疑いの目を向け、マスコミや医学界はツチノコ級の珍獣扱いをし始め、奔放な妹は姉を助けようとしてますます騒動を巻き起こす…。冬子のお腹は、そして胎内の赤ちゃんは一体どうなってしまうの!? 女優であり本作の映画化で監督デビューを果たした著者の、キュートでパンクな処女小説!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

79
静かでゆるやかな空気を感じました。妊娠してもなかなか生まれない子供。3年もの間身籠っていたのは、周りの人たちが受け止めることができなかったからではないかと思います。誰も本心では子供を望んでいなかったような気もします。緑子、徹は少しずつ変わっていくのに冬子だけは何も変わらないのに穏やかな狂気が孕んでいるのを感じました。現実と空想の狭間の曖昧な世界が心地よい。海くんが突然フェードアウトしたのは何故なのかが疑問です。2016/03/03

うえうえ

14
アイデアとタイトル最高なのに、思ってたのと違った。短編で読みたかった。少女マンガみたい。子供がお腹の中で普通に成長しているのは何か違うと思った。2019/04/16

りちゃ

11
何だこれ?といった読後感。そのまんま出てくるだけかい!まぁ、ある意味びっくりだ。正直、疲れた。情緒不安定な姉妹の話…としか言いようがない。2019/01/06

skellig@topsy-turvy

10
ぐだぐだと言えばぐだぐだな、ダメ人間たちの喜劇。万事曖昧でぼうっとした主人公冬子は、赤子を3年も抱え込むことで少し自己がハッキリしていくように見える。実は一番得体の知れないのは人畜無害そうな彼女なのかも(冬子の怖さが煌めくワンシーンがあり、個人的にはそこで株が急上昇した)。奔放な妹緑子の、美しい1つの恋がぐずぐずに終わるエピソードは恋の儚さを見せていて良かった。2013/05/14

メイ&まー

5
再読。手のかかったお料理と女たちの話し振りがすごくすき。女優さんとしての佇まいも好きだけど、彼女の本、いいなあととても思った。2度目読んでもやはりよかった。たまにすごくこの雰囲気に浸りたくなります。今回、彼女の監督映画の方も観てみました。正直、みる前は冬子に中島知子・・・!と思っていたけどこれはこれでよい冬子です。映画とこちらの本は同じ題材だけど全く違う味付けでおもしろい。彼女の他の作品も手に取ってみたいけど、これが好きすぎて他になかなか手を出せない。2012/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/446881
  • ご注意事項