PHP文庫<br> 学問のすすめ - 自分の道を自分で切りひらくために

個数:1
紙書籍版価格 ¥596
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

PHP文庫
学問のすすめ - 自分の道を自分で切りひらくために

  • 著者名:福沢諭吉/岬竜一郎
  • 価格 ¥540(本体¥500)
  • PHP研究所(2008/11発売)
  • 4/23はサンジョルディの日!PHP研究所×Kinoppyが選ぶ!大切なあの人に贈りたいのはこんな本
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

なぜ、今、『学問のすすめ』なのか――。原書が発刊された当時の明治日本は、怒涛の如く押し寄せる西洋列強のプレッシャーと文明開化の波にさらされ、新たな価値観の創造を迫られていた。一方、現代日本も急激なグローバル化と猫の目のように変化する市場経済に翻弄され、日本人固有のアイデンティティを見失いつつある。ある意味、今の日本を取り巻く環境は明治初期と似ているといっても過言ではない。そんな中、日本人が自信を取り戻し、世界に誇れる国民になるためにはどうしたらいいのか。福沢は、国民一人ひとりが「独立の精神」を持つことが急務であるといった。「独立の精神」とは、文明国家の礎である個人主義の根幹であり、「自分で自分の心を支配し、他に頼りすがる心がないこと」。日本人が自分で物事の善悪を決め、自分の行動に責任をもって間違いを起こさない「独立の人」になることが肝要と説いた明治のベストセラーが現代語新訳で今、甦る!

目次

天は人の上に人を造らず
学問こそ生きる力の源泉である
個人の独立があってこそ国家の独立がある
上に立つ者の責任とは何か
なぜ、独立の精神が必要なのか
国法あっての国家であり、その大切さを論じる
国家に対する国民の役割とは何か
人間の権利とは、相手を妨害しないかぎり自由に行動していいということ
学問の本当の目的とは何か―中津の旧友に贈る
日本を維持する気概を養い、社会に貢献する―前編の続き、中津の旧友に贈る
妄説に惑わされない懸命な知恵を磨け
日本人はもっと演説がうまくならなければならない
怨望ほど人間に有害なものはない
自分の収支決算所をときどき点検しろ
物事を疑ってから取捨選択をする
独立の精神こそ国家発展の基礎
人間は「人望ある人」にならなければならない
百冊の人生書より一冊の『学問のすすめ』