講談社文庫<br> 空の境界(下)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,012
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
空の境界(下)

  • 著者名:奈須きのこ【著】
  • 価格 ¥1,012(本体¥920)
  • 講談社(2014/08発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 270pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062759465

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

両儀式とその友人・黒桐幹也の前に再来する殺人鬼。忌まわしい邂逅が、式を苛む“殺人衝動”を加速させていく。式と幹也の赴く果てに、真実を告げる記憶の“境界”は開かれるのか――!? もはや伝説となった同人小説から出発し、“新伝綺”ムーブメントを打ち立てた歴史的傑作――。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

勇波

42
この手の小説は初めて読んだ。もっと軽い感じの内容かと勝手に思ってたけど、読みごたえがあって面白かった。魔術のウンチクなんか京極さんみたい。アニメ見たことないけど、音楽をあの梶浦由紀さんが作ってるのか。。一度機会があれば見てみたい★2014/01/13

いおむ

35
非常に自分好みの作品です。もうちょい若かったら書ききれないくらい感想を書いたと思う。(@_@)2015/12/02

黒猫

29
救われない話かと思いきやそんなこともなく、落ち着くところに落ち着きました。まとめると、式と幹也による壮大な恋愛小説・・・かな(笑)式や橙子さんも強いけれど、やっぱり最強なのは幹也だなと確信。2012/01/01

yosa

25
FGOのイベントに耐えられなくなり、純粋なきのこ成分を補充するために何度目かの読了。初読のときはぐちゃぐちゃで読みにくく感じたものですが、今となっては複数回の読み返しや映像等で完璧に内容・時系列を掴んでいるので、作者の狙いがしっかり理解できます。今なお続いている形月世界の根源に近い物語は、今だからこそ新鮮に感じることもあり、深く通づることもあり、既読の物語だというのに夢中で読めた。そうだよ、奈須きのこに求めているのはこういうのだよ。伝奇をリブートせよ。セルフパロディなんかで遊んでないで、今すぐ月姫を以下略2019/11/12

ダージリン

25
「忘却録音」が好みですねえ~。鮮花ちゃん可愛いし、少女小説っぽい(笑)。最後の話は、もうだめかと思いましたよ・・・。これからのふたりが、織がユメ見たものであれたらいいなと思います。2012/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/576146

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす