老後は銀座で

個数:1
紙書籍版価格 ¥544
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

老後は銀座で

  • 著者名:山﨑武也
  • 価格 ¥510(本体¥464)
  • PHP研究所(2013/12発売)
  • もうすぐ七夕!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/5)
  • ポイント 100pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

老後は静かに田舎で暮らしたい……。それもいいだろう。しかし、「暮らし」は一時的な「滞在」ではない。まして老後の住処は、そこでの「永住」を意味する。ならば、交通機関や医療施設をはじめ、高齢者に必要なものを完備した、銀座に代表される「都市」こそ、老後を楽しむにふさわしい場所といってもよい。本書では、現在70歳、実際に住居を都心に構えて充実した生活を送っている著者が、余生の過ごし方についての考えを詳しく開陳。物質面でも精神面でも「身軽」で「上質」な、都会での老後の生活を強く提案する。「人はドラマを求める」「冥途へのみやげは不要」「質に対して貪欲に」「ひいきの店をつくる」「観劇は二度味わう」「車や人の動きを見る」など。心身ともに無理が利きにくくなる老後の慎ましさの中にも、人々の賑わいと温もり、食事や趣味の楽しみ、芸術・観劇鑑賞などの「ドラマ」がある毎日――身も心も軽やかに過ごす後半生のすすめ。

目次

人はドラマを求める<br/>屋敷から小屋へ<br/>活動のある場所に住む<br/>駅の近く<br/>銀座に住む<br/>老後も賑やかに<br/>外国への永住は疑問<br/>田舎では余所者<br/>ミーハーになる<br/>人が訪ねやすい場所〔ほか〕