六代目山口組司忍組長と小泉純一郎首相にケンカを学ぶ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,361
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

六代目山口組司忍組長と小泉純一郎首相にケンカを学ぶ

  • 著者名:宮崎学
  • 価格 ¥1,072(本体¥975)
  • 太田出版(2006/05発売)
  • 初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/31)
  • ポイント 270pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

『政治家の軽い発言』と『ヤクザの重い発言』の発言はどう違う!? ケンカとはコミュニケーション = コミュニケーション力がある人間はケンカも強い! 『勝ち組から学ぶ』会議室から修羅場まで、使えるエピソードが満載!!・ 知識と知恵を使える奴は得をし、知識を使えない奴は勝負に負ける・光と闇それぞれの世界の頂点に立つ者は、どんな態度で日々をシノいでいるのか? なりふりかまわなくなったニッポン社会で、「ワリを食わない」正しく楽しい活路の発見法 本書は、一般社会人・サラリーマン諸君にとって、自分が生き抜くための戦い方マニュアル本となることだろう。

目次

第1章 コミュニケーションとしてのケンカ術(“現場”には相手より先に行け―最も簡単に優位に立つ方法 情報は、どうせ漏れるなら効果的に漏らせ ほか)
第2章 デメリットをパワーに変えるケンカ術(排除された者の持つ「負」の情熱こそ強い 洗練されているだけのエリートに真の仲間は集まらない ほか)
第3章 組織の中でのケンカ術(格上の相手と戦う時は、相手組織内部に不協和音を作れ わざと内部に「敵」を作って注意を逸らす―人気者の起用と切り捨て法 ほか)
第4章 組織の外でのケンカ術(「表」と「裏」の緊張感をともに保つべし 「相手に貸しを作る」は永遠不変の極意 ほか)