新世紀書店 自分でつくる本屋のカタチ

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy
  • Reader

新世紀書店 自分でつくる本屋のカタチ


ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

書店の可能性を実験したイベント「新世紀書店」レポート。ヨーロッパの古本の町、イギリスのヘイ・オン・ワイとベルギーのルデュをレポート。







本・書店・出版を巡る対談、石橋毅史・出版業界紙「新文化」編集長、鎌垣英人・大阪屋EC事業部、森一暁・太田出版営業部、横里隆・『ダ・ヴィンチ』編集長、平林享子・「クローバー・ブックス」主宰、たちと北尾トロ。

目次

001 ヨーロッパの古本の町を訪ねて1(王様と古本とボク)
002 新世紀書店-仮店舗営業中13日間限定、理想の書店のつくり方(雑談から始まった、新しい本屋のカタチ
2004年2月新世紀書店の案が生まれる ほか)
003 本・書店・出版を巡る五夜連続対談(アジアの出版と書店の事情-石橋毅史(出版業界紙「新文化」編集長)
取次とはなんだ-鎌垣英人(大阪屋・EC事業部) ほか)
004 ヨーロッパの古本の町を訪ねて2(日本にも「本の町」を作りたい(斉木博司)
ヘイ・オン・ワイ&ルデュへの行きかた ほか)