ロシア国境記者 - 北辺の大地を駆けた日々

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • Reader

ロシア国境記者 - 北辺の大地を駆けた日々


ファイル: /

内容説明

1994年から98年にかけてウラジオストクやモスクワに、NHK特派員として駐在した著者が、ソ連の崩壊そしてその後の苦渋に満ちたロシアの歩みを、地域的な視点と好奇心を持って取材し描いた。取材を重ねる中で、著者は混乱や矛盾の裏側に隠れ、なかなか見えにくいロシアという国の潜在力や懐の大きさを感じる。読者は、テレビ国際報道の最前線で何が行われているのか、その一端に触れることができるだろう。