中公新書ラクレ<br> 歴代海軍大将全覧

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,404
  • Kinoppy
  • Reader

中公新書ラクレ
歴代海軍大将全覧


ファイル: /

内容説明

「海軍の父」勝海舟、初代大将西郷従道。山本権兵衛や東郷平八郎など日露戦争の立役者たち。加藤友三郎、山下源太郎ほか大海軍をめざした将軍の群像。鈴木貫太郎、岡田啓介など条約派・艦隊派対立期の大将。そして、山本五十六など太平洋戦争下の首脳部たちを経て、最後の大将、井上成美まで。日本海軍を支えた大将七七人を全員掲載。その事跡と主要事件、海戦を総ざらえしながら、戦前日本海軍の生成・発展・終焉に至る壮大なドラマを一冊に凝縮する。海軍史の決定版。

目次

第1章 大将と元帥
第2章 遅かった海軍大将の登場
第3章 眠れる獅子に挑んで
第4章 日露戦争の立役者たち
第5章 大海軍を目指して
第6章 条約派か艦隊派か
第7章 戦雲、中国に広がる
第8章 太平洋戦争下の首脳部
第9章 戦死した提督たち
第10章 最後の海軍大将
最終章 大将を逸した提督たち