中公文庫<br> 「隔離」という病い 近代日本の医療空間

個数:1
紙書籍版価格 ¥921
  • Kinoppy
  • Reader

中公文庫
「隔離」という病い 近代日本の医療空間

  • 著者名:武田徹【著】
  • 価格 ¥921(本体¥838)
  • 中央公論新社(2011/12発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

恐怖の宣伝、強制収容、終身隔離……「病んだ」共同体はいったいどこへ向かうのか。ハンセン病を軸に日本社会の「病い」観を問いなおす。

目次

序章 終わりからはじめること
第1章 近代国家であるために
第2章 隔離という病いをめぐって
第3章 「奇妙な国」の論理
第4章 「牧人」の系譜学
第5章 生きがい論の陥穽
第6章 ユートピアの枠
終章 そして、都市へ