平凡社ライブラリー<br> 小さなものの諸形態―精神史覚え書 (増補)

平凡社ライブラリー
小さなものの諸形態―精神史覚え書 (増補)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 258p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784582764963
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0310

内容説明

「消滅へ向かいつつある存在とは、「今日の人間」全体ではないか。人類とは潜在的少数派ではないのか。」バルトークからシモーヌ・ヴェイユまで、いくつかの断片に即して二十世紀という時代の経験を読み解き、思想態度のかたちを問う、十四篇の「考える言葉」。今日なお救い出すべきものを探りあてる批評的実践。

目次

文化崩壊の経験―晩年のバルトークについての脚註
小さなものの諸形態―精神史の再測定のための覚え書
経験の「古典」化のための覚え書
「残像」文化
在日三世のカフカ
落下する世界
友情の点呼に答える声
家族という場所
貧民の都市
夢の弁証法
考える言葉
記憶の縁の文字
反歴史―「思考しえぬものの思考」の試み
叙事詩的精神についての脚註

著者等紹介

市村弘正[イチムラヒロマサ]
思想史研究者。1945年生まれ。大学および大学院で思想史と社会哲学を学ぶ。思想文化の諸領域を横断しながら、社会と精神の変質の解読に専念している。現在、法政大学法学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

zirou1984

3
このエッセイ集に収められた「友情の点呼に答える声」を20代始めに読んだことがあるのだが、ただただ衝撃の一言だった。市村弘正の思考は、奪い去られたもの、踏み躙られたもの、小さなものに対して一貫して向けられている。それは甘っちょろいヒューマニズムや博愛的なものとは無縁の、自らが「踏み躙った側、踏み躙るのを許した側」であることを自覚しその痛切な反省と批判から来るものだ。二十世紀と言う時代が上げた声無き悲鳴に耳を傾け、その痛みを救い上げたような言葉がここにある。本当に勇気付けられる、個人的に本当に大切な一冊。2012/04/29

ЯeoN_Hoff

2
この世界に生きる市村弘正がなぜ発狂しないのか、読んでいて不思議になる2010/02/15

編集兼発行人

1
物事の微細な襞を丁寧に説き起こした論考。バルトークが世界を弔う態度。忘却と苦悩による「国民」形成。インサイダーとアウトサイダーとの速やか且つ絶え間ない往還。残像と廃墟。帝国主義下における支配層と被支配層との友情を成立させる「感情の幅を広げる経験」の苛烈さ。役割の過剰な強制と解放の願望とで無力化する家族。インターディペンデンスによる解放。複雑性に耐え切れず過労する言葉達。等々興味深い示唆に富む中で特に不可能性から可能性を探る「在日三世のカフカ」が出色。記録とは記憶の力を集積させて鎮魂する行為と同義かと理解。2013/03/19

まつゆう

0
脆い「小さなもの」への痛切な愛着と反省が、贅肉や表皮を剥ぎ取って髄のみを残した文章で語られている。久々に骨身に沁みる一冊を読んだ。2013/02/17

MADAKI

0
受苦的な「小さな存在」こそが、とめどなく落下する現代におけるほんのかすかな破れ目であり、そこに着眼した本である。否定性、弱さ、限界性など、ネガティヴなものを克服するのではなく、果てしない苦しみをもってその極限に達しようとする動き。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/372273

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。