角川文庫<br> 職業欄はエスパー

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
職業欄はエスパー

  • 著者名:森達也【著者】
  • 価格 ¥858(本体¥780)
  • KADOKAWA(2013/11発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784043625024

ファイル: /

内容説明

「超能力」は存在するのか?それともトリックなのか?スプーン曲げの清田益章、UFOを呼ぶ秋山眞人、ダウジングの堤裕司。かつては一世を風靡し、「超能力者であること」を職業に選んだ彼らは今、何を?3人に興味を抱いて、8年間にわたって取材を続けた著者が数々の不可思議な現象をまのあたりにしながら、「超能力」という迷宮にさまよい、彼らの孤独をすくいとろうとした異色の超現実ノンフィクション。

目次

終わらないファイナルバトル
挫折からのはじまり
あきらめきれない歳月
四年めの撮影初日
エスパーが生まれた北千住
超能力者という日常
等身大のエスパーたち
さよなら神様
額に張りついた一円玉
どうしてみんな隠すんだ?
逃れられない二者択一
残夜のTVに「職業欄はエスパー」
ドキュメンタリーの余韻
そして八年越しの願いは絶たれた

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

75
今まで超常現象などなさそうだ、と思っていたけれど、実にすっきりしないものが残る。真実よりも売れるかどうか、というメディアの姿勢だけではなく、検証する科学者の側にも、パラダイム変更の可能性を検証せず、従来のパラダイムを死守する硬直した態度がある。本書は超能力の存在を検証する本ではなく、ブームを作った「エスパー」のその後を取材した読ませるドキュメント。超常現象の研究は、結局本当の意味での実験が未完成なまま、くすぶり続けていくようだ。私は懐疑派なので、頭越しの否定は非科学的だと思うし、また個人的理由で(以下略)2021/01/19

はらぺこ

46
取材対象の3人が三者三様でオモロイ。 ダウジングの堤祐司と大槻教授の対決は騙まし討ちに近い気がする。この本を読む限り全体的に超常現象否定論は弱い。無学な自分には、平凡なタイムで終わったウサイン・ボルトに対し「世界新はインチキや!」と言うてるのに近い気がしてしょうがない。しかし、紛い物や詐欺行為が有るのも事実。大槻教授は揚げ足取りではなく徹底解明する事が被害者を減らす事に繋がるのではないでしょうかねぇ。 『ギミア・ぶれいく』でカットされた部分を観てみたい。2011/06/10

ひろ☆

21
スプーン曲げの清田、秋山眞人、ダウジングの堤裕司といった3人の超能力者の取材記。昔はこういうテレビ番組も多かった。テレビの視聴率稼ぎの被害者でもある。ソニーだけじゃなく、ホンダや京セラといった企業も超能力に関心があったんだな。否定する奴に限って、本気で見たり、試したりしていない。2015/06/05

ホークス

15
森達也はとにかく問題意識が凄い。瑣末な事実関係にこだわらず、その向こうに横たわる構造や関係性を見据えている。又、強いプロ根性と繊細な内省の狭間で翻弄される著者の姿には息が詰まった。マッチョなドキュメンタリーでありながら、文学の香りすら感じてしまう。これでは身がもたないのではないか。忘れたくないのは「信じたいことしか信じない」という、我々の紛れも無い魔女狩り志向であり、客の志向に忠実過ぎるマスコミと我々との共犯関係だ。その志向すらも誰か(マスコミ、政治家、先生等)の責任にするのでは、余りに救いがなさ過ぎる。2015/03/29

lily

8
超能力者の秋山眞人・ダウザーの堤裕司・スプーン曲げの清田益章を1人の人間として追いかけたドキュメンタリー。彼らの奇跡を見ても人はすぐに忘れ、撮影をしてもプロデューサーは放映しなかった。明確な意識はないまま、目に見えない一線を何かが制御しているかのようである。著者の『放送禁止歌』と同じで、日本人固有の同調圧力が放送禁止歌を生み、超能力者を認めないという指摘には首肯する。とはいえ著者も超能力を信じるか信じないかの二元論に煩悶し、最後まで答えは出ていない。この苦悩から逃げないのが、彼の何よりの魅力である。名著。2020/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/561180

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。