文春新書<br> 寝ながら学べる構造主義

個数:1
紙書籍版価格 ¥842
  • Kinoppy
  • Reader

文春新書
寝ながら学べる構造主義

  • 著者名:内田樹
  • 価格 ¥594(本体¥550)
  • 文藝春秋(2012/05発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

構造主義という思想がどれほど難解とはいえ、それを構築した思想家たちだって「人間はどういうふうにものを考え、感じ、行動するのか」という問いに答えようとしていることに変わりはありません。ただ、その問いへの踏み込み方が、常人より強く、深い、というだけのことです。ですから、じっくり耳を傾ければ、「ああ、なるほどなるほど、そういうことって、たしかにあるよね」と得心がゆくはずなのです。(「まえがき」より)

目次

先人はこうして「地ならし」した―構造主義前史
始祖登場―ソシュールと『一般言語学講義』
「四銃士」活躍す(フーコーと系譜学的思考;バルトと「零度の記号」;レヴィ=ストロースと終わりなき贈与;ラカンと分析的対話)