NO HARD WORK! 無駄ゼロで結果を出すぼくらの働き方

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

NO HARD WORK! 無駄ゼロで結果を出すぼくらの働き方

  • ISBN:9784152098337

ファイル: /

内容説明

オフィスでの深夜残業、終わりのない会議、日曜午後の仕事メール、チャットの応酬……本気で成果を出したいなら、そんなものはみんないらない! 世界各国で支持され続けるソフトウェア開発会社ベースキャンプの経営者コンビが語る、シンプルで超真っ当な仕事論

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えちぜんや よーた

82
「Ruby on Railsのひと」が書いたビジネス自己啓発書。スタートアップの会社をはじめたけど、何かの理由で煮詰まってしまった人向け。と言っても具体的な方策が特別に書かれているわけではない。読んでギスギスした心が和めばそれで良いと思う。読んでも心が和まない、もしくはいっそう不安をかき立てられるという人は、勇気を持って仕事場から逃げ出し、休職することが具体的な手段になるかもしれない。それでも焦燥感にかられる場合は、心療内科を受診することをおすすめする。2019/03/23

よっち

33
そんな時代は過ぎ去ったはずなのに、長時間労働を続け、大量のメールやチャットにいら立ち、慢性的な寝不足を抱えて働く人たち。そんな人たちに向けて「クレイジー」に頑張るのをやめて「穏やかに」働くことを説く著者。頭では分かっていても何となくそうしてしまうことに対してそれでいいのか、本当に必要なのか、どうするのがいいのか、シンプルに向き合ってもう一度考えてみるきっかけを与えてくれる一冊ですね。きちんと本質を見極めて優先順位をつけたり大切にすることや、仕事のしやすさとは何かのヒントを教えてもらったような気がしました。2019/02/27

hippos

20
無償の休日出勤に徹夜まで。この本読んで、ホント働き方を考え直したいよ。こんな考え方の会社が増えれば素敵だけれどなぁ。(少なくとも僕の)現実とはほど遠い。2019/10/05

masabi

17
【概要】穏やかな会社という企業文化を培った筆者による組織論。【感想】筆者は無理な目標と会議や質問といった個人の集中力を削ぐ要素を徹底的に削ることで穏やかさを実現した。面白いのは製品に改良を加えるように会社自体も幾度もバージョンアップを図ることだ。壮大な目標を掲げる、ボーナスを支給するなどの一般的な企業では当然のものも自社にはそぐわないとして撤回している。そんな試行錯誤の末の枠組みだけあって話を聞く限りだと穏やかに労働と私生活を両立できそうである。 別の著書も読んでみたい。2020/03/15

太田青磁

16
生産性を上げるのではなく、無駄をなくすこと・ほぼ全ての目標は、目標を立てなければならないと理由で無理に設定されたものだ・リラックスして長く続けられるペースで働く・金曜の5時までで終わらなければ、月曜の朝9時からまた再開すればいい・他人の時間を借りるには面倒な作業が必要であるべきだ・職場をオフィスと考えるのではなく、静かで平穏な図書館のように考える・主にメールを使い、チャットの使用は時々くらいにとどめること・新しいものは新しい顧客に売り、これまでの顧客には既に使っているものを使い続けられるようにすること2020/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13352388

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。