富士山と日本人

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

富士山と日本人

  • 著者名:青弓社
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 青弓社(2002/05発売)
  • 新生活応援!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン!(~3/29)
  • ポイント 540pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

日本のランドマーク・富士山はなにを象徴しているのか?崇高さか親しみか、女性性か男性性か-そのイメージにはつねに両義性がともなう。文化によって時代によって変遷する富士のイメージをたどりながら考察する日本人論。

目次

俗界富士
「富士山」のイコノロジーと日本人の心性
富士の絵、その展開と諸相
近代日本の教科書と富士山
登山史のなかの富士山
富士信仰と日本的霊性
富士への祈り―江戸富士講における救済観の展開
女人登山禁制小考―富士参詣者と地元住民との関わりから
富士を伊達に詠むこと―富士詠の近世
平安時代の富士山―あこがれとおそれのあいだで
富嶽五景
富士には月見草がよく似合う―近・現代文学と富士山
外国人の見た富士山