絶対無の思索へ―コンテクストの中の西田・田辺哲学

個数:

絶対無の思索へ―コンテクストの中の西田・田辺哲学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月20日 05時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 402p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588130366
  • NDC分類 121.6
  • Cコード C3010

出版社内容情報

西洋哲学の伝統のみならず、当時最新の現象学の潮流とも対峙し、それらとは異なる論理で独自に思索した西田幾多郎と田辺元。絶対無、直観や経験、場所や時間といった主題群をめぐって二人の哲学者は何を共有し、どうすれ違ったのか。フッサール、ハイデガー、九鬼との関係も視野に収め、争点となった哲学的問題の数々を、固有の文脈のなかで丁寧に解きほぐす。全10章・補論3章の最新読解。

内容説明

西田哲学と田辺哲学の対決ふたたび―。西洋哲学の伝統のみならず、当時最新の新カント派や現象学の潮流とも対峙し、独自な論理で哲学の新たな可能性を切り拓いた西田幾多郎と田辺元。絶対無、直観や経験、場所や時間といった主題群をめぐって二人の哲学者は何を共有し、どうすれ違ったのか。フッサール、ハイデガー、九鬼との関係も視野に収め、争点となった哲学的問題の数々を、固有の文脈のなかで丁寧に解きほぐす。全10章・補論3章の最新読解。

目次

第1部 コンテクストの中の西田哲学(西田の場所の思想における叡智的なるもの;西田哲学とフッサールの現象学;西田とショーペンハウアー―美のイデアをめぐって;行為的直観とムーセの時空構造;永遠の今―西田幾多郎と九鬼周造;存在の悲哀と無の慈しみ―自覚的経験から見た根本気分;ハイデガーと日本の哲学―西田のハイデガー批判 ほか)
第2部 コンテクストの中の田辺哲学(初期田辺の反省理論―西田批判の背景にあるもの;中期田辺の根本洞察―絶対弁証法の成立;田辺の後期哲学における歴史主義)

著者等紹介

嶺秀樹[ミネヒデキ]
京都大学大学院文学研究科西洋哲学史専攻博士課程修了。テュービンゲン大学哲学博士。関西学院大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。