シルエット・ディザイア<br> 銀色の誘惑

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader

シルエット・ディザイア
銀色の誘惑

  • ISBN:9784596509093
  • NDC分類:933

ファイル: /

内容説明

銀色の瞳の美女。復讐には絶好のターゲットだ。■デックは、シルバー・ジェンセンに出会ったとたん、今までになく激しい欲望が体の中にわき起こるのを感じた。だが、その後すぐにショッキングな事実を知る。まさか彼女が、あの憎きキャル・マコールの異父妹だったとは……。いや、ショックを受けている場合ではない。かつてキャルは僕の双子の妹の命を奪った。今度は僕がキャルの妹の心を奪って復讐するいい機会ではないか。一方、シルバーはデックの存在を厄介に思っていた。婚約者に裏切られてから、もう男性とは関わらないと決めている。男性はみな私ではなく、私の受け継ぐ財産にしか興味がないのだ。でも、このハンサムで強引なカウボーイ、デックは、いつの間にか私のうつろな心の中に忍び込んできて……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

糸車

9
双子の妹を失った悲しみから目をそらすためにヒロイン兄を憎まなければならなかったヒーロー。理解はできるけれど、ヒロインを利用しようと一瞬でも考えた時点でアウト。ヒロインには何の落ち度もないし、ばれたときに彼女がどんなに傷つくか。ヒーローだってそんなこと分かっているのに。妹を亡くした日のことを長年口に出すこともできず悲しみを抱え込んでしまった彼と周りの人の気持ちを考えると切ない。最初からヒロインを愛していたのが伝わってくるからヒーローを嫌いになれない。でもちょっとくらいへこめ!と思うのは仕方ないと思うのよね。2014/09/23

ちはや

0
2001.10.3 ★★★☆

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/102525

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。