角川ソフィア文庫<br> 定本 言語にとって美とはなにかI

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader

角川ソフィア文庫
定本 言語にとって美とはなにかI

  • 著者名:吉本隆明
  • 価格 ¥682(本体¥620)
  • KADOKAWA(2014/11発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041501061

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

『万葉集』『古事記』といった古典や現代の詩歌をはじめ、森鴎外、国木田独歩、夏目漱石などの作品を豊富に引用して詳細に解説。表現された言語を「指示表出」と「自己表出」の関連でとらえる独創的言語論の第I巻。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェルナーの日記

247
日本近代文学において著者独自の視点で批評した一冊。テクストを自己表出性と指示表出に分け、その2つの関連性(重なり合う)を作家群の著名な作品の具体例を挙げて批評する方法で編まれている。ソシュールやデリタの構造主義とは真逆に位置づけされる批評法と思うので、読み比べてみるのも一興である。本書を読むにあたり、近代日本文学の名だたる作家の作品群を読んでおくと、より本書に対する理解が進むだろうが、なかなかそうもいかないので伊藤整と小林秀雄の作品をザックと目を通しておくと吉本隆明氏の批評法の独自性がよくわかると思う。2017/01/15

しゅん

9
不器用さを意地で通す押しの強さ。図が出てくると分かりやすくならず、余計に混乱する。2020/03/24

Yuko

8
<記紀万葉から、鴎外、漱石、石川淳、島尾敏雄等の小説作品の他、詩歌、戯曲、俗謡など膨大な作品を引用しながら詳細に解説。文学を形づくっている「言語」の特質を追求する。文学・言語・藝術を考える上で必須の1冊> 1990年 美という抽象的な概念を、言語という側面から個々の例を挙げ具体的に分析。ここまで詳細で丹念な解説とは想像もしておらず、かなり面食らいました。旅行前の気もそぞろの時期に読む本ではなかったことは確か。ゆっくり時間をとって、じっくり読み直したい。 2019/03/12

ken

7
「言語とは自己表出と指示表出の織物である」これが吉本特有の言語観だ。彼の言語を分類する方法は、文法や構造による言語学的分類ではなく、自己表出と指示表出の度合いによる彼独自のもの。その目的は言語にとって、引いては文学にとって美とは何かを探求することだ。その結論は明言化されていないが、彼の文章の端々から、意識の奥深くからしぼり出された自己表出の美しさを称えているように見える。そして言葉の実用性を説く道具主義的な言語観に抗い、人間の自己意識の復権を叫んでいるようにも見える。難解な書だが吉本の熱さが伝わってくる。2021/05/26

のむ

3
まず吉本隆明の文を美しいと思えなくて挫折しかけた。近代文学史については多少の関心があったのも手伝ってそこそこ読めたけど、ほかはいちいち文の読みづらさに引っかかってしまって、ううん。取り敢えずⅡまで読むけどさ。2018/05/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8767

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす