さらば東京裁判史観 - 何が日本人の歴史観を歪めたのか

個数:1
紙書籍版価格 ¥544
  • Kinoppy
  • Reader

さらば東京裁判史観 - 何が日本人の歴史観を歪めたのか

  • 著者名:小堀桂一郎
  • 価格 ¥510(本体¥464)
  • PHP研究所(2014/08発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

『新しい歴史教科書』問題が、かまびすしい。なぜ、韓国や中国はあんなに危険思想視するのか。小泉首相の「靖国参拝」問題に関しても、なんであれほど明白な内政干渉ができるのか。ましてや、そのような外国の理不尽な物言いに賛同して大騒ぎしている日本人の一部の精神構造はどうなってしまっているのだろうか。本書は、そのような疑問に真摯に、そして明確に答える、国民必読の評論である。大東亜戦争に敗北し、降伏した日本は、勝者である連合国の暴力的なマインド・コントロールによって、「自らの歴史に対する誇り」を傷つけられ、その痛手からいまだに回復できないでいる。この連合国のやり口とはいかなるものであったのか。そしてそれが現代日本人の精神構造にどんな影響をおよぼしているのか。著者は、つねにその検証を続けてきた。その成果として、確かに言えること、言わねばならぬことを、あらためて訴える。

目次

序言 我が表象としての世界
第1章 戦争責罪周知徹底計画―米国の占領初期の対日方針
第2章 東京裁判史観の誕生
第3章 靖国問題が明らかにしたこと
第4章 教育基本法の弊害
第5章 国家観の再生に向けて