金瓶梅 1巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

金瓶梅 1巻

  • 著者名:わたなべまさこ【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 双葉社(2013/08発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784575722611

ファイル: /

内容説明

絶大な権力と無尽蔵の富を使い、欲望のままに生きる大商人・西門慶と、妖婦・潘金蓮が出会った。ふたりは磁石のように引き合い、金蓮は夫殺しを…。愛、セックス、裏切り、欲望、陰謀、復讐etc。人のありとあらゆる感情を神秘世界に散りばめた、中国の古典『金瓶梅』を原作とするミステリーロマンの大傑作、第1弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

なつき

7
天性の淫婦・潘金蓮と好色一代男・西門慶。パトロンを腹上死させ、夫を毒殺し西門の第五夫人となった金蓮。やってることはえげつないのに、わたなべさんの描く金蓮はなんともコケティッシュでまさに小悪魔的魅力満載。西門もどうしようもないスケベなのに何故か憎み切れない可愛らしさがあって魅力的。2016/02/11

たっきん

2
竹崎真美版しか知らなかったのでこちらも読んでみましたが面白い! キャラクター達にわざと現代語で会話させたりしているのがユーモラス。あと劇中劇なのもいいですね。原作はそうなのかな。旦那様はこっちのほうが変態丸だしでした(笑)2016/07/13

閻魔あい

2
金瓶梅なんだけど、全くイヤらしくなく話自体がすごく面白く頭に入ってきて超お気に入り。さすが、わたなべさん。金蓮がメチャ可愛い。女同士のドロドロと憎しみ合いや嫉妬が上手く描かれてて最後まで楽しめた。ただ、お休みとかしてたのかな?最終巻まで20年近くかかって。1巻なんか、ボロボロになってます笑

ひろただでござる

0
欲望は果てしなく続くんだなぁ・・・。2010/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/331303

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数11件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす