PHP新書<br> 世界名作の経済倫理学

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader

PHP新書
世界名作の経済倫理学

  • 著者名:竹内靖雄
  • 価格 ¥640(本体¥582)
  • PHP研究所(1997/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

本書では、西洋文学を中心とした名作33編の、作者・登場人物の思想と行動を経済倫理学というユニークな視点で分析。女性の結婚戦略、男性にとっての最善の死に方から、神の存在への対処の仕方まで、徹底したリアリズムにつらぬかれた教訓を導き出す。日頃文学とは無縁な人も存分に堪能できる、甘口のヒューマニズムに慣れきった頭への格好の刺激剤。

目次

人間の世界に介入する神々―ホメロス『イリアス』『オデュッセイア』
父の仇討ちで母を殺す―アイスキュロス『オレステイア三部作』
国法か自然の法か―ソポクレス『アンティゴネ』
セックスと平和と共産主義―アリストパネス『女の平和』『女の議会』
中国人の行動文法―『水滸伝』
行動する人間の悲劇―シェークスピア『ハムレット』
パラノイアおじさんの冒険―セルバンテス『ドン・キホーテ』
ケチの経済倫理学―モリエール『守銭奴』
人間嫌いのユートピア―ジョナサン・スウィフト『ガリヴァー旅行記』
反儒教的生活―曹雪芹『紅楼夢』〔ほか〕