ひろさちやの仏教コミックス<br> 奇跡のお経観音経

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,281
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

ひろさちやの仏教コミックス
奇跡のお経観音経

  • 著者名:ひろさちや/吉森みき男
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 鈴木出版(1989/07発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784790219965
  • NDC分類:183.3

ファイル: /

内容説明

恋人を失った傷心の美奈子は、日光で初老の男性・森川と出会う。ふたりの対話を通して〈観音経〉の教えを明らかにする。

目次

プロローグ(出会い 音を観る)
火難(唱える)
水難(諦める 明らめる)
風難(恨む わが道を)
刀杖の難(あるがままに)
鬼難(幸福 不信)
枷鎖の難(罪あるもの)
怨賊の難(恐れ)
エピローグ(奇跡 凡夫)
ひろさちやのまんだら漫歩録「不思議」という不思議なことば

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かず

20
観音様。正式名は観世音菩薩。世の音を観る菩薩様-ということで、はたと疑問が。なぜ音を「観」るの?冒頭で説明があり、目から鱗が落ちました。音と光の伝達速度は圧倒的に光の方が早く、音を聞いてからいざ「救うぞ!」と観音様が急行しても間に合わないから、遠い彼方から観ておられるのです」と。「奇跡のお経」と表題にあるとおり、「南無観世音菩薩」と唱えると、災厄が去っていくそうです。「そんなばかな(笑)」と普通は思われるでしょうが、私は画を見て納得しました。溺れるものは、冷静になる間を取り戻さないと沈んでしまうのですね。2019/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1358149

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。