角川文庫<br> 舞踏会/蜜柑

個数:1
紙書籍版価格 ¥523
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
舞踏会/蜜柑


ファイル: /

内容説明

「私は花火のことを考えていたのです。我々の生のような花火のことを」秋の夜の鹿鳴館舞踏会で、露台に出たフランス海軍将校は明子に教えるような調子で言った。……夜空に消える一閃の花火に人生の空しさを象徴させた名作「舞踏会」、ほのぼのとした小品「蜜柑」。ほか「葱」「路上」「鼠小僧次郎吉」など大正8年度作品を収録。