週刊東洋経済 (2019年1月12日号)

個数:

週刊東洋経済 (2019年1月12日号)

  • ウェブストアに53冊在庫がございます。(2019年04月20日 19時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • 刊行 週刊誌
  • A変
  • 商品コード 4910201320196

基本説明

「移民」解禁|

詳細説明

【特集】
●“移民”解禁
 ◇人手不足で外国人の単純労働解禁へ
 ◇台湾 介護職で家庭にも浸透
 ◇シンガポール 移民に依存する格差社会
 ◇韓国 自国民優先だが外国人からも好評価
 ◇Q&A│“移民”解禁で社会はどうなる?
 ◇新設「特定技能」4月導入 受け入れ14業種は外国人頼み
 ◇外国人との共生目指す先行企業、自治体の奮闘
 ◇INTERVIEW│厚切りジェイソン●お笑い芸人
 ◇拙速すぎる入管法改正 真の狙いは改憲と参院選
 ◇「多様な社会への道が開けた」 堺屋太一
 ◇与野党キーパーソンに聞く 移民解禁の是非
   INTERVIEW│平沢勝栄●自由民主党 衆議院議員
      山尾志桜里●立憲民主党 衆議院議員
 ◇識者に聞く 改正入管法の問題点
   INTERVIEW│河野龍太郎/鈴木江理子
 ◇米国 吹き荒れる反移民政策の嵐
 ◇問題噴出する現行制度の闇
 ◇内幕1 劣悪な処遇はそのままに 拡大続ける技能実習制度
 ◇内幕2 悪質な日本語学校が蔓延 留学生や教師を食い物に
 ◇内幕3 変わらぬ調整弁の扱い 高齢化進む日系人労働者
 ◇内幕4 低賃金労働の隠れみの まやかし多い専門人材

◆発明王ダイソン 強さの秘密

[深層リポート]
◆「黄色いベスト運動」で仏マクロン政権に試練

…ほか

 

同じシリーズの商品一覧

全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす