Playing the Victim (Nhb Modern Plays)

個数:

Playing the Victim (Nhb Modern Plays)

  • 在庫がございません。海外の書籍取次会社を通じて出版社等からお取り寄せいたします。
    通常6~9週間ほどで発送の見込みですが、商品によってはさらに時間がかかることもございます。
    重要ご説明事項
    1. 納期遅延や、ご入手不能となる場合がございます。
    2. 複数冊ご注文の場合、分割発送となる場合がございます。
    3. 美品のご指定は承りかねます。
  • 【重要:入荷遅延について】
    ウクライナ情勢悪化・新型コロナウィルス感染拡大により、洋書・洋古書の入荷が不安定になっています。詳しくはこちらをご確認ください。
    海外からのお取り寄せの場合、弊社サイト内で表示している標準的な納期よりもお届けまでに日数がかかる見込みでございます。
    申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
  • 製本 Paperback:紙装版/ペーパーバック版/ページ数 96 p.
  • 言語 ENG
  • 商品コード 9781854597595
  • DDC分類 891.725

Full Description

A darkly absurd play from the authors of Terrorism.

A young man drops out of university and goes to the police. He's done nothing wrong, he just wants a job. A particular job. Playing the victim in murder reconstructions. Maybe by getting close to death he can manage to cheat his own.

The Presnyakov Brothers' play Playing the Victim was first staged, in this English translation by Sasha Dugdale, at the Traverse Theatre, Edinburgh, as part of the Edinburgh Fringe Festival in 2003, co-produced with the Royal Court Theatre and Told by an Idiot. The production was directed by Richard Wilson.