放射線について考えよう。

個数:

放射線について考えよう。

  • 多田将
  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 明幸堂(2018/08発売)
  • ポイント 20pt
  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 312p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784991034800
  • Cコード C0042

出版社内容情報

『すごい実験』『すごい宇宙講義』の多田将、最新刊。



わかりやすい解説で人気の素粒子物理学者が今回取り上げるテーマは、ちゃんと理解しようとするとじつはかなり難しい「放射線」。



どうしても必要となる物理学の基礎知識から、順を追って、丁寧に解説していきます。



さまざまな数値から、自分の頭で定量的に考えられるようになるための、直球の物理学講座【全10回】。



「異色のニュートリノ研究者が論理的、定量的、かつ饒舌に語る! デマ拡散の本質にも迫る、ネット連載待望の書籍化」早野龍五氏(東大名誉教授)

    なぜ、いまさら「放射線」なのか

第1章 原子と原子核の中身について考えよう

第2章 どうやって放射線が出てくるのかについて考えよう

第3章 放射能と半減期について考えよう

第4章 物質との反応について考えよう

第5章 人体への影響について考えよう

第6章 身を守る方法について考えよう

第7章 測り方について考えよう

第8章 過去の被曝事故について考えよう

第9章 利用方法について考えよう

第10章 それぞれの放射性物質について考えよう

    「ゼロリスク」を叫ぶ無意味さ



書籍版の出版にあたって



周期表

附録1 物理量まとめ

附録2 福島第一原子力発電所事故関連の調査結果

附録3 更に学びたい方のために

索引

多田将[タダ ショウ]
著・文・その他