制度会計における利益概念の意義

個数:
電子版価格 ¥3,740
  • 電書あり

制度会計における利益概念の意義

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 212p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784947553966
  • NDC分類 336.9
  • Cコード C3034

内容説明

利益観の観点から制度会計における利益概念の意義を探求。現行制度会計では、ボトムラインの利益が包括利益となり、純利益は包括利益算定の過程で求められるようになった。包括利益算定の過程で求められる純利益は、資産負債観という枠組みの中における純利益であり、収益費用観における純利益とはその性格を異にする。そこで、収益費用観と資産負債観を利益そのものの本質的相違としてとらえ、純利益と包括利益の意味内容の違いを明らかにする。

目次

序論 本書の目的と構成
第1章 アメリカにおける利益概念の歴史的変遷―1930年代から1970年代を中心に
第2章 収益費用観と資産負債観
第3章 アメリカにおける資産負債観の台頭とその展開
第4章 日本における利益概念
第5章 IASBにおける利益概念
第6章 資産および負債の認識・測定
第7章 その他の包括利益とリサイクリング
第8章 純利益と包括利益
終章 本書の総括と今後の課題

著者等紹介

丸岡恵梨子[マルオカエリコ]
流通経済大学准教授。博士(会計学)中央大学。2005年東京理科大学経営学部卒業。2020年流通経済大学経済学部准教授、現在にいたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。