流通経済大学社会学部創設30周年叢書<br> 会いたい気持ちが動かすファンツーリズム―「韓流」ブームが示唆したもの、「嵐」ファンに教わったこと

個数:
電子版価格 ¥1,045
  • 電書あり

流通経済大学社会学部創設30周年叢書
会いたい気持ちが動かすファンツーリズム―「韓流」ブームが示唆したもの、「嵐」ファンに教わったこと

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 17時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 168p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784947553867
  • NDC分類 689
  • Cコード C0226

出版社内容情報

「コンテンツツーリズム」や「聖地巡礼」という言葉を聞いたことがありますか。「人」をコンテンツとする観光形態である「ファンツーリズム」も注目されています。これらは新しい現象、いまどきのブームのように言われることもありますが、そもそも観光は、時代とともにその形を変え、古くからその時代ごとの「コンテンツ」を対象の一つとしてきました。コンテンツツーリズムやファンツーリズムは、観光の本質としては変わらないものです。では何がこれまでと違うのでしょうか。
憧れの俳優、応援するアイドルのコンサートやイベントに参加するために移動するファンツーリズム・・・本書はこれを詳細に分析し、こうした現代的な観光に迫ります。ファン自身をも変える「力」をもつファンツーリズムは、読者のみなさんが観光研究の広さに気づくきっかけになるでしょう。

内容説明

ファンツーリズム…「観光主体が観光対象を決める」その先端的な観光の実態に迫る。代替性のない魅力となる憧れの俳優やアイドルを追う「ファンツーリズム」は、さまざまな面でファン自身を変えるエンパワーメントの力をもっている。時に他者から、時には自らさえが規制していた境界を自分で超えた先にある、新しい世界をのぞいてみよう。

目次

第1章 変化し、多様化し続けるコンテンツ―江戸時代の道中記から、現代のアニメ、アイドルへ(時代の変化を反映したコンテンツと観光;アニメ聖地巡礼から2.5次元まで;ファンツーリズム研究創始に向けて)
第2章 ファンとファン行動―多様化するファン、グループ化するファン(ファンの現代的様相;ファン行動の実態)
第3章 ファン行動からファンツーリズムへの進展―ファンは、ファンの階段を上って「会い」に行く(ファン行動とファンツーリズム;ファンツーリズムの旅行先での行動と地域)
第4章 ファンツーリズムと国際観光―ファンが超えてきたこと、ファンだからできること(観光と異文化理解;国境を越えるファンツーリズム)

著者等紹介

幸田麻里子[コウダマリコ]
1973年千葉県生まれ。立教大学大学院観光学研究科博士課程後期課程単位取得満期退学、博士(観光学)。現在、流通経済大学社会学部(国際観光学科)准教授

臺純子[ダイジュンコ]
1957年岩手県生まれ。立教大学大学院観光学研究科博士課程後期課程修了、博士(観光学)。現在、比治山大学現代文化学部(マスコミュニケーション学科)教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。