傷ついた物語の語り手―身体・病い・倫理

個数:
  • ポイントキャンペーン

傷ついた物語の語り手―身体・病い・倫理

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年10月28日 17時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 326p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784946509292
  • NDC分類 490.4
  • Cコード C1010

内容説明

フランクの言葉は、自らの重篤な病いの経験に根ざしながらも、他の多くの病いの語りと呼応し、この時代の諸々の思考の流れと交錯していく。時にそれを取り込み、時にはそれに反発しながら、経験をひとつの社会的な思想へと結実させていくプロセスは、そのまま著者の闘いの軌跡でもある。

目次

第1章 身体が声を求める時
第2章 病んでいる身体の諸問題
第3章 物語への呼びかけとしての病い
第4章 回復の語り―想像界の中の病い
第5章 混沌の語り―沈黙する病い
第6章 探求の語り―病いと伝達する身体
第7章 証言
第8章 半ば開かれたものとしての傷

著者等紹介

鈴木智之[スズキトモユキ]
1962年東京都生れ。慶応義塾大学社会学研究科博士課程単位取得退学。帝京大学文学部講師をへて、法政大学社会学部教員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。